ジェイ・モダン

富士展示場

富士展示場

SBSマイホームセンター内
TEL. 0545-33-0302
【営業時間】 午前10時~午後5時
【定休日】 第1・3火曜日、水曜日
Googleマップ

御殿場展示場

御殿場展示場

SBSマイホームセンター内
TEL. 0550-84-3200
【営業時間】 午前10時~午後5時
【定休日】 第1・3火曜日、水曜日
Googleマップ


HOME >  杉森建設の家づくり >  3.自然素材へのこだわり

3.自然素材へのこだわり

1.無垢の床材

杉森建設では構造体はもちろん、内装にも無垢材を多く使用しています。1階の床材は、標準仕様で無垢材を採用しています。

無垢材とは木本来の質感、風合いを活かした化学物質を含まない自然素材のことです。調湿効果があるため、湿気の多い季節は水分を吸収し、乾燥している季節は水分を放出して湿度を一定に保とうとしてくれます。

無垢材の良さは、木のやさしい香りと一年中裸足で暮らせる心地よさ。
夏はさらりとしていて思わず寝転がりたくなったり、冬はふんわりと温もりを感じるといった感覚を実感していただけます。
科学薬品を使用していないので、小さなお子さまも安心して室内でくつろぎの空間を過ごすことができます。

無垢材は時を重ねるほど色も落ち着き、艶が出てより一層風合いが増していきます。
傷を心配されることもありますが、一般的な合板フロアのように塗装が剥げて色ムラが出ることもありません。傷がついても木の質感は変わらないので、時間が経つと次第に馴染んで周りの木目に溶け込んでいきます。
無垢の床材は、いつまでも自然の風合いを楽しんでいただけます。

 

■■■■■■ 標 準 仕 様 ■■■■■■

標準仕様として、桧・杉・レッドパイン(赤松)・バーチ・タモ・ナラなどの床材をご提案しております。
この他にも多数の無垢材をお選びいただけます。
※モニター、ブラウザ等の環境によって、実際の色味と異なって見える場合があります。

 

レッドパイン(赤松)
比重が軽く、空気の層を多く含んでいるため素足で感じる暖かさが魅力です
節が小さいので、室内にうまく調和します。
お手入れをする事で時間とともにゆっくりと味わい深い飴色に変化します。

 

バーチ(カバ)
明るい色合いで模様が主張しすぎることもないソフトな印象のバーチは、ナチュラルテイストや、北欧を感じられる空間を演出できます。
堅く、強度があり、耐水性にも優れているため、非常に床材に適した素材です。

 

タモ
はっきりとした力強い年輪が特長で、踏み心地のいい適度な弾力性と保湿効果があります。
ウッディーな存在感を強調したインテリアにお勧めです。

 

ナラ
重厚で硬く木目の美しい広葉樹で、耐久性にすぐれているため、高級家具や建築材に多く使われています。木目とは違う斑(ふ)と言われる帯状の紋様が入るのがナラ材の特徴です。
特に斑が大きく、虎の模様のように見えるものは虎斑(とらふ)と呼ばれ、希少価値が高いものもあります。

 


足への当たりが優しく、温かみがあることから非常に快適性があります。
やわらかいため、傷やへこみのつきやすさがありますが歳月と共に馴染み、味わいある雰囲気になります。

 


日本の代表的な木材。美しい光沢と特有の芳香で知られます。
落ち着いた色合いに綺麗な木目、桧特有の芳香からフローリングに使用することで部屋全体が桧の香りが広がります。また、桧は強度や耐久性に優れているため、フローリングにぴったりの素材だといえます。

 

2.上質な空間を演出するエコカラット

エコカラットとは、粘土鉱物などの微細な孔を持つ原料を焼成した室内用タイルです。調湿機能を持ち、湿度が高い時は湿気を吸収し、乾燥している時は湿気を放出して快適な湿度を保つことができます。

また、消臭効果もあり気になる生活臭のニオイの原因となる成分を吸着するので、トイレやキッチン、玄関への施工もお勧めです。生活臭だけでなく、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドやトルエンなど、空気中に漂う害物質を吸着し低減します。

機能性だけでなく、インテリアとしての美しさもあるエコカラットは、デザインバリエーションが豊富なので上質な空間を演出することができます。

 

3.珪藻土の塗り壁

珪藻土(けいそうど)とは珪藻という植物性プランクトンの死滅した殻が化石になって積み重なって固くなった土のことです。
珪藻土には、お部屋の湿度状況によって湿気を吸収したり放出したりしてくれる調湿効果があるので、結露対策として最適です。消臭効果も高いためお部屋のこもったニオイを軽減してくれます。
また、漆喰と比べカラーバリエーションが豊富で、ベージュや白色といった基本色を使いながらアクセントに富んだ色の使い分けも可能です。

 

4.土台・柱はすべて桧の無垢材

近年、木造住宅で使われている構造材に集成材という、板を接着剤で張り合わせた木材が使われはじめ、剥離の危険性や耐久性、防蟻製の面で大きな疑問となっています。

集成材には健康を害してしまう成分であったり、長期的に考えたときに強度が落ちていく可能性があります。高温多湿な日本の気候、風土に不向きな木材のため、湿気やシロアリに対して強く作られているわけではありません。
日本には湿気やシロアリに極めて強い自然の力をもった木材があります。
それが桧です。

神社や仏閣は、ほとんど桧で造られているため、数百年の年月が経過した今でも現存しています。お客様の家の性能を可能な限り長期的に強度を維持していくには歴史が証明してくれている桧の無垢材を使うことが大切なのです。
杉森建設では、土台と柱にすべて桧の無垢材を標準で使用しています。

 

桧には「フィトンチッド」という天然の香り成分があります。森林で呼吸をした際の爽快感をもたらしているのは、このフィトンチッドという揮発性の物質です。
フィトンチッドにはアレルギーのもととなるカビやダニの繁殖を抑える働きがあると言われています。心地良さと同時に住む人の健康にも良い効果が期待できます。

フィトンチッドは、桧自身が昆虫や微生物を忌避したり、病原菌などに感染しないようにするために自ら作り出した成分で、防虫、殺菌効果があります。
シロアリの被害にも強いことから、建築基準法でも防腐防蟻処理が唯一免除されている木材です。

 

 

4 つ の こ だ わ り